Press "Enter" to skip to content

最近よく耳にする仮想化とは何か

仮想化というキーワードが注目されていますが、単純に言えば1つのサーバやパソコンで複数のOSを動かす技術です。基本的には1台のサーバに1つのOSなのですが、2つの方式で複数のOSを稼働させることができるようになっています。1つめの方式は専用OSを利用することです。サーバの各種ハードウェアをリソース化して各OSに再配分してくれる機能に特化したOSであり、高い利用効率が期待されています。もう1つの方式はすでに動いているOSの上で他のOSを動かす仕組みです。この方式では多数のOSを稼働させるには不利な仕組みですが、1つや2つのOS程度であれば問題なく動作させられることが多く、今のOSで動かないアプリケーションを動かすための環境として活用されています。

サーバでの仮想化システムの利用について

サーバ分野で仮想化と言えば台数削減とリモートデスクトップ用途が多くなります。従来のサーバの使い方ではハードウェアの利用率が大変低いのが問題でした。サーバが高性能化すればするほど使用率が下がってしまうのですが、まとめることが難しかったこともあってスペースや電力と合わせて課題となっています。そこで活用されてきているのが仮想化システムです。サーバで複数のOSが稼働するのでサーバの台数を一気に減らすことが可能です。しかも、ハードウェア資源は適切に配分可能なので利用率を上げながら快適なシステム運用が可能です。リソースについてはGPUも含めて仮想家できるようになったこともあってさらに効率的にハードウェアが使えるようになり、リモートデスクトップ環境でも劇的なパフォーマンスアップが可能となっています。

仮想化をデスクトップ環境で使う意味

サーバー分野で目覚ましい効果がある仮想化ですが、デスクトップ環境でも価値があります。デスクトップ環境での仮想化の利用理由としては今使っているOSで動かないアプリケーションを動かせることにあります。特にオフィス分野と開発分野で利用されてきています。オフィス分野ではWindows専用アプリケーションをMacやLinuxで動かしたい方がよく利用しています。また、開発分野ではLinuxなどのサーバーOSを仮想化で動かすことが多くなっています。このようなシステムの実現はハードウェアの追加が必要でしたが、仮想化を利用することでハードウェアの追加なしに業務を拡張できると期待されています。CPUの仮想化支援機能はデスクトップ環境でも有効であり、パフォーマンス面で大きな改善があったことも利用者増加につながっています。

ストレージ管理工数を98%削減する簡単なストレージです。 地下鉄千代田線二重橋前から歩いて3分です。 オフィス入り口から皇居のお堀が見えます。 SNIA Japanの賛助会員です。仮想デスクトップサービス向けに性能保証を提供し、サービスレベルごとの課金ができるようにします。 Tintri VMstore T5060の参考価格5,000万円。 仮想環境のワークロードを自動最適化するストレージ。 デスクトップを仮想化!